バレンタインデー人気チョコレート

 毎年2月14日はバレンタインデーですが、このイベントを心待ちにする人もきっと多いのではないでしょうか?バレンタインデーの由来と人気のバレンタインチョコを紹介します。
バレンタインデーの贈答チョコについても紹介します。バレンタインデーのトピックスについても記述しております。
スポンサードリンク

◆大丸百貨店バレンタインデーチョコレート

大丸がオススメする季節の情報をご紹介
大切な人に贈りたい、私自身も楽しみたい。本場ベルギーのショコラをはじめ、世界的ショコラティエの名品や個性派チョコなど、バラエティに富んだ品々が勢ぞろい。

大丸百貨店が用意したバレンタインデーのチョコレートは、テディーベアをモチーフにした「BBショコラ」。

オーナーシェフのベアガナッシュ氏がこだわりのショコラを作るというストーリーをもつBBショコラは、テディベアをテーマにした可愛らしいチョコレートの数々を届けます。

バレンタインワインやWEB限定のバレンタインプレゼントも紹介中。詳しくはこちらから>>>
大丸バレンタイン特集 icon
スポンサードリンク

大丸バレンタインおすすめチョコレートアソート

★【昨年の売れ筋人気商品】
★<帝国ホテル>スティック&プレートチョコレート

icon icon
ビターとマーブルのスティック型チョコ、ビターとミルクのプレート型チョコ、ホテルロゴのマーブルチョコの詰め合わせです。


>>> <帝国ホテル>スティック&プレートチョコレート icon
★<リーガロイヤルホテル>チョコバウムクーヘン
icon icon
バウムクーヘンにビターチョコレートをコーティングした人気のスイーツです。
※3000円以上でお好みの品を組み合わせてお求めください。同一の種類でもお求めいただけます。
※価格(税込)は1品のものです。


>>> <リーガロイヤルホテル>チョコバウムクーヘン icon
★<ゴディバ>モンダムールアソートメント

icon icon
伝統的なトリュフチョコレートやムースを包んだチョコレートなど中身もパッケージも可愛らしい詰め合わせです。
※3000円以上でお好みの品を組み合わせてお求めください。同一の種類でもお求めいただけます。
※価格(税込)は1品のものです。

>>> <ゴディバ>モンダムールアソートメント icon
★<ゴンチャロフ>メッセ神戸 2種のトリュフとミルクチョコレートセット

icon icon
創業以来追求したチョコレートのおいしさを味わえる、2種のトリュフとミルクチョコレートです。
※3000円以上でお好みの品を組み合わせてお求めください。同一の種類でもお求めいただけます。
※価格(税込)は1品のものです。

>>> <ゴンチャロフ>メッセ神戸 2種のトリュフとミルクチョコレートセット icon


◆高島屋バレンタインデーチョコレート

高島屋バレンタインの一押しは、初出店が叶った老舗ブランド「アムール・ド・ショコラ」。



詳細はこちらから>>> タカシマヤのバレンタイン特集

【高島屋のバレンタインチョコレート】
バレンタイン≪高島屋オリジナル≫ケイクショコラ
バレンタイン≪高島屋オリジナル≫シュクレショコラ
国内ショコラティエ・パティシエ
海外ショコラティエ・パティシエ  
人気スイーツ
和のスイーツ
【予算で選ぶ】
~1,050円(税込)
1,051~2,100円(税込)
2,101~3,150円(税込)
3,151円(税込)~

◆三越バレンタインデーチョコレート

三越のバレンタイン 三越オススメのバレンタインデーチョコレートはサロン・デュ・ショコラ(仏語表記:SALON DU CHOCOLAT)。 世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で三越が選んだBESTショコラセレクションの数々。本命の彼氏には本物のチョコレートを!

<フランス/ジャン=ポール・エヴァン>|<ベルギー/ピエール マルコリーニ>|<ベルギー/デルレイ>|<日本/ベルアメール リユクス>|
<スイス/レダラッハ>|<ベルギー/レオニダス>|<スイス/ヘフティ>|<ベルギー/ブリュイエール>|<アメリカ/アレックス&マイケル>

三越ショコラセレクション全商品は

こちらから>>> 三越のバレンタイン特集

受付は1月31日まで

スポンサードリンク

バレンタインデー人気プレゼントの新着情報

日本でのチョコレートの歴史

日本におけるチョコレートの歴史を紐解いて見ましょう。

日本人で初めてチョコレートを食べたのは、伊達政宗の命令で1617年頃にスペインに渡った支倉常長の一行が始まりと言われています。
当時のスペイン宮廷で流行していた「飲むチョコレート」を振る舞われたのです。

その後、江戸時代の日本にチョコレートが伝わったのは、オランダ交易が盛んだった長崎でした。

ヨーロッパでそうであったように、チョコレートが日本に持ち込まれた当時は、一部の上流社会の人々だけのものでした。
最初はお菓子としてではなく、薬のような感覚で扱われていたようです。今までにないような色合いや味から、日本では最初ははなかなか普及しなかったようです。

1871年に岩倉具視一行が、パリでチョコレート工場を視察したのをきっかけに、1873年には日本でもチョコレート製造が始まります。

明治11年(1878年)日本で最初にチョコレートを加工製造・販売したのは、東京・両国の米津風月堂といわれています。
当時は、「猪口齢糖」「貯古齢糖」「知古辣他」などと当て字で呼ばれていたようです。
その頃チョコレートは極めて高価で、一部特権階級や外国人相手のものだったようです。

その後の1899年、アメリカから戻った森永太一郎(現在の森永製菓の創始者)が、東京の赤坂に洋菓子製造所を設立します。
1918年(大正7年)には、カカオ豆からチョコレートに至るまで一貫して生産するようになりました。

1926年(大正15年)には、明治製菓がチョコレートの一貫生産を始め量産体制を確立しました。
当時の明治ミルクチョコレートの製法は、しっかりと現在にも受け継がれています。

スポンサードリンク
【バレンタインデーに関する新着情報】
フィード