バレンタインデーWEB限定人気チョコレート紹介

バレンタインデーWEB限定チョコレートでは、ネットでしか手に入らないバレンタインチョコを紹介しています。バレンタインデーWEB限定チョコレートを紹介します。
2011年のバレンタインデーはインターネットでWEB限定のチョコレートをGETしてプレゼントしよう!

スポンサードリンク


大丸バレンタインおすすめチョコレートアソート

★【昨年の売れ筋人気商品】
★<帝国ホテル>スティック&プレートチョコレート

icon icon
ビターとマーブルのスティック型チョコ、ビターとミルクのプレート型チョコ、ホテルロゴのマーブルチョコの詰め合わせです。


>>> <帝国ホテル>スティック&プレートチョコレート icon
★<リーガロイヤルホテル>チョコバウムクーヘン
icon icon
バウムクーヘンにビターチョコレートをコーティングした人気のスイーツです。
※3000円以上でお好みの品を組み合わせてお求めください。同一の種類でもお求めいただけます。
※価格(税込)は1品のものです。


>>> <リーガロイヤルホテル>チョコバウムクーヘン icon
★<ゴディバ>モンダムールアソートメント

icon icon
伝統的なトリュフチョコレートやムースを包んだチョコレートなど中身もパッケージも可愛らしい詰め合わせです。
※3000円以上でお好みの品を組み合わせてお求めください。同一の種類でもお求めいただけます。
※価格(税込)は1品のものです。

>>> <ゴディバ>モンダムールアソートメント icon
★<ゴンチャロフ>メッセ神戸 2種のトリュフとミルクチョコレートセット

icon icon
創業以来追求したチョコレートのおいしさを味わえる、2種のトリュフとミルクチョコレートです。
※3000円以上でお好みの品を組み合わせてお求めください。同一の種類でもお求めいただけます。
※価格(税込)は1品のものです。

>>> <ゴンチャロフ>メッセ神戸 2種のトリュフとミルクチョコレートセット icon

このサイトでは、ネットでしか手に入らないバレンタインデーWEB限定チョコレートを紹介しております。

バレンタインデー限定チョコレートの新着情報

ヨーロッパでのチョコレートの歴史

世界中で愛されているチョコレートですが、その始まりはどういうものだったのでしょうか。食べるチョコレートと、飲むココア この二つは実は原料も同じで、兄弟のような関係です。

16世紀にヨーロッパでカカオからチョコレートが作られました。
カカオにナッツやバニラや砂糖を加えて、甘いチョコレートを作り出したのですが、この時点では今のチョコレートとは違う形でした。
それはスペイン貴族や僧侶などの特権階級の「飲み物」つまり、飲むチョコレートだったのです。

その後改良が加えられ、19世紀になってカカオからココアバターの一部を取り除く技術が開発されました。
そして液体状のチョコレートを成型する方法も発明され、「飲むチョコレート」から「食べるチョコレート」の基礎ができあがりました。この時点では、この食べるチョコレートはまだ苦い味だったのですが、1876年にミルクチョコレートが発明され、今のように甘くて美味しいものに変わっていきました。

しかしまだ発展途上の段階で、食感はザラザラしたものでした。19世紀末ごろに、粒子を細かくする技術が発明され、なめらかで良質のチョコレートが作れるようになり、現在のチョコレートの形が出来上がってきたのです。

チョコレートの原料

チョコレートの原料は、カカオマス,ココアバター,ミルク,砂糖の4つが主なものです。
ミルクと砂糖は、説明の必要がないおなじみの材料ですね。

☆カカオマスとは→カカオの木の果実の種であるカカオ豆を砕いて皮などを取り除きココアバターを絞った後、ペースト状にしたチョコレート色のものです。

☆ココアバターとは→カカオバターまたはカカオ脂とも言われ、カカオ豆を搾って採られる植物油脂です。色は淡い黄色で、カカオ種子には50数%含まれています。

カカオの木を実際に見たことがある方は、多分少ないと思います。
普通は枝に実がなるのですが、幹にも実がなっているんです。
あまり見慣れないので、意外な感じがしますよ。

チョコレートの原料のひとつのカカオの木は、学名をテオブロマ・カカオといいます。
「テオブロマ」とは、ギリシャ語で「神さまの食べもの」という意味です。
昔は相当貴重なものだったようで、カカオはお金として使われていたこともあります。

一般的なチョコレートは、カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖、ココアバター、ミルクなどを混ぜて練り固めた食品で、略してチョコと呼んだり、フランス風にショコラとも言われます。
昔、日本でチョコレートが発売された当時は「貯古齢糖」と当て字された[ようです。

現在の工業生産チョコレートでは、、加工性や風味の向上、栄養強化または原料コストダウンの意味で、主原料に加えて香料、糖質、植物油脂、甘味料など、様々な添加物が配合されることも多くなっています。

【バレンタインチョコレートに関する新着情報】
フィード